ポール・ワーティコ サウンド・ワーク・オブ・ドラミング
2008年10月25日発売
アーティスト:ポール・ワーティコ
スティックコントロール一つでサウンドにバリエーションを生みだすポール・ワーティコのサウンドを余すところなく解説!
品番 ATDV-168
税込価格
JAN 4580154601682
収録時間 約54分

在庫について
Amazonに在庫がない場合でも商品をご用意できる可能性があります。
お問い合わせフォーム
またはTEL:03-5474-2570よりお問い合わせください。
(平日AM10:00~PM6:00のみの対応となりますので予めご了承ください)
サンプル映像
収録内容
ジャズ、フュージョン系のドラマーから高い評価を得ているポール・ワーティコ。
そのポール・ワーティコの華麗で繊細なドラミングテクニックを自ら徹底解説していく。
様々な楽曲を元にその中でどのようにドラミングを組み立てていくか等を具体的に解説していく。
シンバルワークを中心に解説を進め、曲全体の中でのドラムの役割、ダイナミクスの付け方など実践に即した解説はドラマーであれば必見の内容。
スティックコントロール一つでサウンドにバリエーションを生みだすポール・ワーティコのサウンドの秘密をこのDVDで感じて欲しい。(1993年作品)
CONTENTS
■イントロダクション
■スティックコントロール
 ・ルーズに持つことで抜ける高音を出す
 ・円を描くように動かしていく
■「The Smuggler」(Performance)
 ・サックスのメロディをなぞっていく
 ・クロススティックとフラットライドで6/8パターンと4ビートのポリリズム
■「Cowboys&Africans」
 ・ドラムソロの考え方
 ・左手で2拍3連、右手で4ビート
【メンバーインタビュー】
■「Magical Space」
 ・マレットを使う際のポイント
 ・体で感じたことを表現していく
■ゴーストノートについて
 ・2枚のライドシンバルをつかうことで細かいフレーズも叩ける
 ・大きな音も小さな音もインタイムで
 ・ダイナミクスをコントロールする
■上達のためのアドバイス
 ・ドラムを楽しむこと
 ・しっかり楽器の音を出せるようになること
 ・上達のポイントは感覚面とリズムキープの2つ
【メンバーインタビュー】
■「Time Impulse」
 ・シンバルワークのアプローチ
 ・軽いサウンドを出す為に編針を使う
【ポール・ワーティコインタビュー】
メンバー
ポール・ワーティコ
ジョン・モルダー
ローレンス・ホブグッド
エリック・ホッチバーグ
リッチ・コーポロンゴ
難易度
超絶
楽器カフェ
amazonビデオ