真矢 直伝 プロ・ドラマーの心得 BEST PRICE
2011年10月27日発売
アーティスト:真矢(LUNA SEA)
LUNA SEAのドラマーとして日本のロックシーンをリードする真矢のドラム教則DVD!
品番 ATRD-255
税込価格 ¥3,132(本体¥2,900)
JAN 4580154602559
ISBN 978-4-904741-65-8
収録時間 約60分

サンプル映像
収録内容

LUNA SEAのドラマーとして日本のロックシーンをリードし、現在もドラマーとして数々のアーティストのレコーディングやサポートとして活躍を続けている真矢。
このDVDではプロフェッショナルドラマーとして、レコーディング現場で初見の曲をどのように仕上げていくかを余すところ無く見せていきます。
また、ライヴ用のドラムセットでのチューニングのコツやドラムセットが無くても出来る練習方法、ドラムヘッドのリペアの方法といった実践で役立つ解説も満載。
一つ上を目指すドラマー必見のDVDです。
hide with Spread Beaverのチロリンと井上慎二郎がゲスト参加。

CONTENTS
●ドキュメント
・初見の曲を仕上げていく
・ドラムの選定、チューニング、サウンドメイク
●ドラムについてのちょっといい話①
・灰皿、ペットボトルを使った練習等
●ライヴセットでのチューニング
●ドラムについてのちょっといい話②
●ドラムソロ

※本作はDVDビデオATDV-081「真矢 直伝 プロ・ドラマーの心得」を価格改定したものです。

真矢 プロフィール
1989年、LUNA SEAとして初ライブを行う。
活動初期にはリボンを頭につけるなど、いかにもヴィジュアル系らしい女性のような格好をしていたが、ダイエットがバスドラムの音の破壊力を失わせたことを契機に、容貌へのこだわりを捨てて体重を増やす。
1992年:LUNA SEAがメジャーデビューを果たす。
2000年:12月26日、12月27日の両日に東京ドームで行われたラストライブをもってLUNA SEAが終幕する。
2007年:12月24日に東京ドームで一夜限りのLUNA SEA復活ライブを行う。
そうる透は師匠にあたる。
SIAM SHADEの淳士は真矢のローディーをしていた時期があり、弟子的存在である。
LUNA SEAの活動初期から中期(アルバム『STYLE』発表前後)にかけては、ツーバスに加えて多数のタム、シンバルを並べ、頭上にもタムを設置するなど大掛かりなセットを組んでいたが、後期にはワンバスに少数のタム類など一転して必要最低限のシンプルなセッティングになった。
バスドラムの音量・音圧を確保するため、ペダルを踏む際には中央を踏まずペダルの端を斜めに蹴り出すように踏むスタイルをとっている(リズム&ドラムマガジンインタビューより)。
LUNA SEAのインディーズデビューとなった1991年から1996年の活動休止までエンドースメント契約していたドラムメーカーはヤマハ。
ドラムのヘッドに墨汁を塗ってミュートとして利用する奇抜なテストを行ったことがある。
1998年に活動再開してからはヤマハとのエンドースメント契約を解消し、ラディックのドラムセットを使用。
2000年以降はパールとエンドースメント契約し、現在も継続している。
難易度
超絶
楽器カフェ
amazonビデオ