Live Lab. 川嶋哲郎 Standard QUARTET
2017年6月27日発売 NEW!
アーティスト:川嶋哲郎,大徳俊幸,本川悠平,久米雅之
豪胆な姿に繊細な精神を宿す艶やかな演奏…
品番 ATLB-673
税込価格 ¥3,910(本体¥3,620)
JAN 4580154606731

サンプル映像
収録内容
「大人の音楽」をキーワードに、質の高い活動をしているアーティストのライヴパフォーマンスを毎回ピックアップ、幅広く紹介するライヴシリーズ『Live Lab.』
今回は「川嶋哲郎 Standard QUARTET」のライブをお届けする。
SOMEDAYで結成された大徳俊幸(Pf.)、本川悠平(Ba.)、久米雅之(Dr)というメンバーのStandard QUARTET。
その名の通り、スタンダードナンバーとオリジナル曲を中心に豪胆な姿に繊細な精神を宿す川嶋らしい艶やかな演奏を繰り広げている。
収録曲
1.Vega
2.Someone to Watch Over Me
3.Dquick
4.Smoke of Peace
5.I Got Rhythm
【ボーナストラック】
6.Smoke Gets in Your Eyes
メンバー
川嶋哲郎(Ts.)
大徳俊幸(P.)
本川悠平(Bs.)
久米雅之(Ds.)
川嶋哲郎 プロフィール
1966年8月9日富山県に生まれる。
6才からピアノを始め、12才でトランペット、高校でテナーサックスに転向。
岡山理科大学在学中にジャズの演奏を始める。
卒業後は名古屋でサラリーマン生活を送っていたが、原朋直と大坂昌彦に出逢ったのをきっかけに「1秒でも多くサックスを吹く時間が欲しい」と退職し上京。
27歳でプロの演奏家として活動を始める。
原・大坂のクインッテッド参加をはじめ、日野皓正、大西順子ほか多数のグループやプロジェクト、レコーディングに参加。
晩年の日野元彦によるclub tokoでは元彦氏亡き後リーダーを務めるなどテナー奏者、ジャズミュージシャンとしての地位を築く。
川嶋の人気は圧倒的で、今は廃刊となってしまったswing journal誌の人気投票で、1999年より廃刊となる年まで10年以上に亘りテナーサックス部門1位の座を占めていた。
難易度
-
楽器カフェ
amazonビデオ