リズムからソロまで完璧に弾けるギター・トレーニング
2012年4月27日発売
アーティスト:Seiji(D_Drive)
ギターソロもバッキングも見違えるように変わる!
品番 ATDV-272
税込価格 ¥4,104(本体¥3,800)
JAN 4580154602726
ISBN 978-4-904741-82-5
特典 TAB譜封入
収録時間 約70分

サンプル映像
収録内容

「完璧にギターを弾く」とはどういうことか。
譜面通りに弾ければそれが「完璧」なのだろうか?
ミスをせずに弾ければそれだけで「完璧」なのだろうか?
ギタリストとしてはそれだけでは物足りない。
「完璧に弾く」とは演奏で人の心を動かせること。
カッコいい!と思われるギタリストになることだ。
その為には、出したい音に対する具体的なイメージとそのイメージを表現する演奏力が必要になる。
イメージを具現化させることで、バッキングやギターソロが劇的に変わり、人の心を動かすプレイに近づくことができるようになるのだ。
本作ではイメージを具現化するためのリズムの取り方についてと、そのリズムをギターソロに生かす方法について解説する。
裏拍のとり方に始まりドラムの音をギターで表現する練習、ピッキングコントロールで音量を調節する練習など、表現力を強化する練習が満載。
また、すぐに使えるフレーズも多数紹介する。
「完璧」に挑戦したいギタリスト必見の教則DVDだ。

CONTENTS
■DEMONSTRATION『Russian Roulette』
■ブラッシングだけで表現する
 ●ブラッシングで低音弦と高音弦を弾き分ける
 ●ピッキングの最大音量と最少音量
 ●弦だけではなく楽器全体を鳴らす
 ●ダイナミクスを使いこなす
 ●ドラムの音をブラッシングだけで表現する(8ビート)
 ●ドラムの音をブラッシングだけで表現する(16ビート)
 ●オルタネイトピッキングで弦の特徴を生かして弾き分ける
 ●ドラムの音をブラッシングと実音で表現する(16ビート)
■リズムトレーニング
 ●表拍をかかと、裏拍を両手で叩く
 ●表拍をかかと、裏拍でコードを弾く
 ●ギター二人で交互に裏拍を取る
 ●ギター二人+ベースで廻して裏拍を取る
 ●バンドメンバーで廻して裏拍を取る
 ●コード進行に沿って表拍を取る
 ●コード進行に沿って裏拍を取る
 ●メトロノームをフェイドアウトさせながらテンポキープ
 ●話しかけられてもテンポキープ
■リズムが印象的なフレーズ集
 ●ピックストップを使ったフレーズ
 ●スキッピングを取り入れたフレーズ
 ●右手のリズムが決め手の9連符フレーズ
 ●左手のリズムを鍛えるレガートフレーズ
 ●チキンピッキングを使ったハードロック風フレーズ  
 ●ブリッジミュートしながら左手でリズムを刻むフレーズ
 ●チキンピッキングを使ったHR風フレーズに
ブリッジミュートしながら左手でリズムを刻むフレーズを加える
 ●軸となる音を中心に返ってくるペダル的なフレーズ
 ●チキンピッキングを使ったカントリー風フレーズ
■「Russian Roulette」を題材にバッキングとギターソロを解説
 ●ドロップDチューニングを使ったイントロ
 ●ハンマリング+開放弦+プリングを組み合わせたメイン・リフ
 ●5/4拍子のアクセントフレーズ
 ●アクセントが要のユニゾンフレーズ
 ●7/8拍子で弾くバッキングフレーズ
 ●ディミニッシュスケールを使った3連~ハーモニックマイナースケールを使ったフレーズ
 ●ベーシックなスウィープ奏法~マイナースケールを使った上昇フレーズ
 ●トップノートの音を印象付けるフレーズ
 ●高速スウィープでのコードチェンジフレーズ
 ●1本弦を使ったツインギターハーモニーフレーズ
■DEMONSTRATION『Among the Distraction』
■練習用マイナスワン『Russian Roulette』
D_Driveとは
楽器にスポットが当たらなくなったこの時代に、あえて楽器だけで演奏を続ける男女混合4人組によるインストハードロックバンド。
オールスタンディング満員の会場で拳が上がるインストライブを想像してみてください!
D_Driveは唯一無二の自身の音楽ジャンルを「Driving Rock」と言い、ファンのことを「D_DriveR」と呼ぶ。
リーダーのSeijiを筆頭に、師弟関係であるギタリストYuki、ベーシストShimataro、女性ドラマーChiikoの4人で2009年に結成された。
結成わずか1年で音楽雑誌”Player”のコンテストにてオールジャンルのチャンピオンに輝く。
メンバー4人共教則DVDを全国発売しており、D_Driveの楽曲”Cassis Orange”を解説したYukiの教則DVDのダイジェスト動画の再生回数は、YouTubeで3,900,000回を上回った。
それを見た世界中の人々がD_Driveの楽曲をカバーしてYouTubeにアップしている。
2013年にはアメリカのアナハイムで開催された世界最大の楽器ショーであるNAMM SHOWに出演。
韓国や中国など日本国内に限らず精力的に活動している。
難易度
中級者~上級者
楽器カフェ
amazonビデオ