書き譜で弾くアドリブ・ピアノ
2016年8月26日発売
アーティスト:松本茜
アドリブだけど、コピっちゃおう。
品番 ATDV-412
税込価格 ¥4,104(本体¥3,800)
JAN 4580154604126
ISBN 978-4-86585-030-7
特典 譜面封入
収録時間 約82分

特典ダウンロードをご利用のお客様へ

サーバー移行に伴い、ダウンロード・ページを変更させていただきました。
お求めいただきました商品のタイトルとIDナンバーを
package@atoss.co.jpまでメールでお送り下さい。
新ダウンロードページをご案内します。
尚、新ダウンロードページには有効期限はございません。

サンプル映像
収録内容
自由自在に演奏できるアドリブは全てのピアニストの憧れ。
しかし譜面に頼らない演奏は難易度が高く、チャレンジするのはなかなか難しいとされています。

本作は、アドリブピアノを譜面と映像を見ながらコピーすることで「アドリブっぽいフレーズに慣れる」ことを目的とした教則DVD。
実力派ジャズピアニストとして名を馳せる松本茜がスタンダード、クラシック、J-POP、アニソンなど様々な楽曲のアドリブバージョンを実演&解説します。
もちろん、譜面と模範演奏の音源を封入。
演奏しながら学べるので、楽しみながらアドリブピアノを習得することができます。

CONTENTS
■Demonstration / AKANE MATSUMOTO Piano Solo
■『ハッピーバースデー』
 ●オリジナルバージョン
 ●アドリブバージョン
  ○コール&レスポンス(合いの手)を入れたパターン
  ○ターンと連打とトレモロを入れたパターン
  ○グリッサンドを使ったパターン
  ○様々なテクニックを混ぜ合わせたパターン
■『ノクターン』
 ●オリジナルバージョン
 ●アドリブバージョン
  ○代理コード  
  ○トニック、ドミナント、サブドミナント
  ○ペダルトーン
■『いつか王子様が』
 ●オリジナルバージョン
 ●アドリブバージョン
  ○シンコペーションと一拍半
  ○メジャースケールを使ったソロ
■アドリブの秘訣!歌いながら弾いてみよう
  ○呼吸も音楽の一部 
■『夜空ノムコウ』
 ●オリジナルバージョン
 ●アドリブバージョン
  ○イーブンエイト  
  ○ペンタトニックスケール
■『いつも何度でも』
 ●オリジナルバージョン
 ●ファンクビートを使ったアドリブバージョン
■『All The Things You Are』
 ●オリジナルバージョン
 ●スウィングフィールで弾くパターン
 ●超絶アドリブバージョン
  ○ベースライン  
  ○ドミナントモーション
  ○ルバートとインテンポを分けてコントラストを出す
■Demonstration / AKANE MATSUMOTO Piano Solo
Amazonビデオをお買い上げいただいた皆様へ
DVDに封入されている譜面のデータ配布を希望される方は、お手数ですがpackage@atoss.co.jpまでお問い合わせください。
対応には数日いただくことがございます。
予めご了承ください。

松本茜 プロフィール
鳥取県米子市出身。ジャズピアニスト。
幼少時代、北村英治氏のコンサートでジャズと遭遇し、独学で日々ジャズ演奏の模倣を続ける。
2002年、MALTAプロデュースの第1回倉吉天女音楽祭出場、グランプリ受賞。
2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション学費全額免除試験に合格。
同年に第23回浅草ジャズコンテストソロプレーヤー部門にて金賞受賞。
植松良高氏に将来性を買われ、ジャズクラブで定期的にライブ活動を行う。
NHK広島放送局制作の情報番組で高校生ジャズプレイヤーとして紹介される。
2006年、日本大学芸術学部進学と同時に上京。都内での本格的なライブ活動を始める。
2008年、日本コロムビアレコードより、1stアルバム「フィニアスに恋して」でデビュー。
2009年、初渡米。NYにてNatReeves、JoeFarnsworthの両氏とレコーディング。
2010年、2ndアルバム「Playing NewYork」発表。
鳥取県米子市文化ホールにて凱旋コンサートを行う。
2010年1月、出光音楽賞ノミネート
2011年1月、サッポロビール「麦とホップ」テレビCM音楽担当
2013年2月、パリで開催されたJazzInJapanにトロンボーン奏者の中川英二郎氏のグループで出演。
2013年6月、浜崎航氏とのユニット、浜崎航meets松本茜trio”BIG CATCH”より1st”BIG CATCH”をリリース。
同バンドでNHKセッション2014に出演。
2014年10月、中村恵介”Humadope”の1stアルバム”Humadope”に参加。
2015年4月、NYに渡り、PeterWashington、GeneJacksonの両氏と5年ぶり3枚目となる自身のアルバム”Memories of you”を制作。
同年夏リリース。
ビバップを信条とし、ストレートアヘッドな自身のピアノトリオで活動する他、山田穣、中村健吾、佐藤達哉、太田朱美、中村恵介、浜崎航各氏らと共演を重ねる。
難易度
中級者~上級者
楽器カフェ
amazonビデオ