仙波清彦 はにわ流 駄楽器講座
2004年9月20日発売
アーティスト:仙波清彦
日本のパーカッション界の重鎮:仙波清彦がシェイカー、タンバリンなどの使い方、テクニックを解説。
品番 ATDV-061
税込価格
JAN 4580154600616
収録時間 約90分

在庫について
Amazonに在庫がない場合でも商品をご用意できる可能性があります。
お問い合わせフォーム
またはTEL:03-5474-2570よりお問い合わせください。
(平日AM10:00~PM6:00のみの対応となりますので予めご了承ください)
サンプル映像
収録内容
日本のパーカッション界の重鎮:仙波清彦がシェイカー、タンバリンなどの基本的楽器の解説から民族楽器・玩具等の使い方、テクニック等を解説。
ポンタ氏とのセッションにおいてはパーカッションの表現方法を十分に見せてくれる。
またドラマー:仙波清彦としてもオリジナルパターンなどを披露。
そして極めつけはポンタ氏との圧巻のツインドラムでのソロプレイ。
初心者から上級者まで、またパーカッショニスト、ドラマーに限らずすべての楽器プレイヤー必見のDVDだ。
CONTENTS
○フリモノ族
○カワモノ族
○グリップについて
○ドラムセットにおけるオリジナルパターン
○キン族
○キチク(木・竹)族、TOY
○不打について
○ツインドラムセッション
○邦楽の記譜法について 
仙波清彦 プロフィール
1954年、邦楽囃子方仙波流家元:仙波宏祐の長男として東京に生まれる。
3歳の頃より父に師事し、小鼓や太鼓など日本伝統打楽器を学ぶ。
10歳で歌舞伎界に入り、数多くの舞台に出演。
東京芸術大学音楽学部邦楽科在学中に邦楽技能優秀者に与えられる安宅賞を受賞。
卒業後、「THE SQUARE」へ加入。
数々のセッションを経て、1982年「はにわオールスターズ」を結成。
その後「エイジアン・ファンタジー・オーケストラ」「SEMBA SONIC SPEAR」「世界民族楽器オーケストラ・LEEO」など数々のグループに参加するほか、「仙波清彦&カルガモーズ」を率い、洋楽・邦楽の分野を問わず国内外で多彩な活動を行っている。
難易度
中級者~上級者
楽器カフェ
amazonビデオ