ATOSS INTERNATIONAL

商品の種類から探す


  •  

鳴瀬喜博

このエントリーを含むはてなブックマーク

鳴瀬喜博

大学在学中、’71年からディスコを舞台に本格的にプロ活動を始める。’72年「カルメン・マキ&OZ」に参加。その後Charと出会い、’74年金子マリ、佐藤準、藤井章司と「SMOKY MEDICINE」を結成。そして’75年「金子マリ&BUX BUNNY」を結成、’80年まで活動し多くの作品を残した。’90年までの10年間に「QUYZ」「CHAOS」「うるさくてゴメンねBAND」などの自己バンド活動を精力的にこなし、“ナルチョ=チョッパー”と言われるほどにチョッパーベーシストの神様的存在となった。90年より東京音楽大学の非常勤講師に就任、現在は客員教授として後進の指導に力を注いでいる。また、リンキーディンクスタジオにベーススクールも開講。’90年カシオペアに加入。TBSテレビ「いかすバンド天国」に審査員として出演。様々なアーティストと共に「野獣王国」を結成。’01年10月に新生“うるさくてゴメンねBAND”のオリジナルアルバム『RocKocK』を発表。現在“URUGOME”と改名。’04年には17年降りのソロアルバム『WINDOW』、05年には『Simple Song Simple Night』を発表。

 

《関連リンク》
◆ 鳴瀬喜博 オフィシャルサイト
◆ 鳴瀬喜博 オフィシャルブログ

 

出演作品

関連商品/関連記事

  • 関連記事が見つかりません

このエントリーへのつぶやき

facebook

TWITTER