ATOSS INTERNATIONAL

商品の種類から探す


  •  

日野”JINO”賢二

このエントリーを含むはてなブックマーク

日野”JINO”賢二

15歳でLa Guardia HighSchool of Music&Art&Performing Artsに進学。16歳の時にマーカス・ミラー/オーマ・ハキム/ポピー・ブルームのライブを見て感激した事をきっかけにベースを始める。17歳でジャコ・パストリアスに師事。1986年、プロミュージシャンとして活動開始。2003年、『JINO in WONDERLAND』でユニバーサルミュージックジャパンよりメジャーデビューし、活動の拠点を日本に移す。ジャズ誌「アドリブ」の年間ベスト作品選出企画“ADLIB AWARDS 2003新人賞”を受賞。2004年、ZEEBRAとコラボレーションした『GO FOR DA GORD』発表。TOKU・小沼ようすけらとの期間限定ユニット「TKY」結成。2005年、2ndアルバム『JINO』発表。ゲストにCharを迎え、“ADLIB AWARDS 2005国内ジャズ/フュージョン賞”受賞。2008年、『Stones World: Rolling Stones Project』や, JUJU feat. Spontania『素直になれたら』の制作等に参加。11月、櫻井哲夫との新ユニット”TETSUJINO”の1stアルバム『DOUBLETROUBLE』を発表。“ADLIB AWARDS 2008国内ジャズ/フュージョン賞”を受賞。COLORとBoyzⅡMenのコラボ曲アレンジをはじめ、西野カナ・黒木メイサへの楽曲提供及びプロデュース、Microのアルバム制作参加等、幅広く活躍中。

日野”JINO”賢二 オフィシャルサイト

出演作品

関連商品/関連記事

  • 関連記事が見つかりません

このエントリーへのつぶやき

facebook

TWITTER