ATOSS INTERNATIONAL

商品の種類から探す


  •  

ロック&ブルース・ギタリストのためのアドリブ・ソロ完全攻略 [改訂版]

2016年04月6日更新 このエントリーを含むはてなブックマーク

ロック&ブルース・ギタリストのためのアドリブ・ソロ完全攻略 [改訂版]
2016年4月27日発売 NEW!
アーティスト:宮脇俊郎
ベストセラーとなったアドリブ教則の決定版が、 新録&ボリューム・アップで再登場!
品番 ATDV-408
税込価格 定価(本体¥3,800+税)
JAN 4580154604089
ISBN 978-4-86585-026-0
特典 TAB譜封入&練習用オケ音源ダウンロード・カード封入
収録時間 本編約80分

amazonで購入



特典ダウンロード

  • <96kHz / 24bit 音源ダウンロードはこちらから>

  • ダウンロードID を入力して下さい。
  • ●ダウンロードをご利用の際は、ご利用案内および本利用条件の内容をご確認下さい。
  • ●ダウンロード及び再生についてご不明点があった際は、こちらまでお問合せ下さい。



サンプル映像


収録内容

ベストセラーとなったアドリブ教則の決定版が、
新録&ボリューム・アップで再登場!

「アドリブを自由自在に弾きこなしたい!」
「自分のオリジナル・フレーズでソロを弾きたい!」

全てのギタリスト共通の想いを実現させるDVDとして、
教則の常識を超える大ヒットを記録した
宮脇俊郎によるベストセラー『アドリブ・ソロ完全攻略』。
この名作を、わかりやすい構成と解説はそのままに、

内容をボリュームアップして新録!
さらに本編連動譜面と練習用マイナスワンも付いて再登場です。

アドリブの基本概念から
様々なスケールの活用法、コード進行に対するアプローチまでを、
理論・実践の両面から詳しく解説。

アドリブの本質を理解することができるので、
ただスケールをなぞるソロではなく、
音を外さずに、自由にアドリブを展開させることができるようになります。

■Part 1:マイナー・ペンタトニック・スケール

◆マイナー・スケールとマイナー・ペンタ

◆マイナー・ペンタトニック・スケールの音階

 ◆マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションとフォーム

 ◆ブルー・ノート

 ◆マイナー・ペンタトニック・スケールに♭5thを加える

 ◆m3rdをクォーター・チョーキングしてブルースっぽく

 ◆ブルース的歌い回し

 ◆スライドを入れながら横に展開する

 ◆ブルースの12小節進行に合わせてペンタで弾いてみる

■Part 2:メジャー・ペンタトニック・スケール

 ◆メジャー・ペンタトニック・スケールの音階

 ◆メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションとフォーム

 ◆ロー・ポジションとハイ・ポジション

 ◆マイナー・ペンタにおけるブルー・ノートがメジャー・ペンタでは・・・

■Part 3:ペンタトニック・スケールの活用

 ◆メジャー&マイナー・ペンタの弾き分け

 ◆メジャー&マイナー・ペンタの切り替え

 ◆メジャー&マイナー・ペンタのミックス

 ◆コードごとに転調感覚でスケール・チェンジ

 ◆ポップス的進行におけるスケール・チェンジ

■Part 4:演奏する際の注意点

 ◆クォーター・チョーキングの注意点

 ◆コードにとって合う音・合わない音を認識する

 ◆コードにとって何度の音になるか口で言う練習

 ◆アブノーマル(!?)なチョーキング・ポジション

■Part 5
:ドリアン・スケール

 ◆ペンタトニック・スケール各音の把握法

 ◆9th&13th

 ◆D7時にF♯音を強調するソロ

 ◆Am7ーD7時にGメジャー・スケールのフレーズが弾ける理由

■Part 6:ミクソリディアン・スケール

 ◆ミクソリディアンの構成音を提示

 ◆ドリアンとの相違点とペンタとの共通点

■Part 7:センス良くキメるための注意事項

インストラクター:宮脇俊郎 プロフィール
1965年生まれ、兵庫県出身。ビートルズで音楽に目覚め、ギターを手にする。
23歳からギタリストとしてセッション活動を開始。
24歳よりギター講師、音楽雑誌のライターとして活動。
親しみやすい人柄とわかりやすい解説が好評で、
数多く手がける教則ビデオ・教則本のどれもがベストセラーになっている。
自ら運営するギター・スクールでも数多くの生徒を抱える、
正にギター教則界のカリスマである。
代表作にDVD「アドリブ・ソロ完全攻略」「コード理論完全攻略」
「アドリブ・ギター・パーフェクト・マニュアル」など多数。

難易度

中級者~上級者

関連商品/関連記事

  • 関連記事が見つかりません

このエントリーへのつぶやき

コメント、トラックバックは受け付けておりません。

コメント

facebook

TWITTER